日帰り手術

Day surgery is possible

白内障手術について

白内障とは

白内障とは、眼の中のレンズの役割をする水晶体が白く濁って、視力が低下する病気です。原因は、加齢に伴って発生する場合が最も多く、早ければ40歳から発症し、80歳を超えるとほとんどの人が白内障になっていると言われています。

主な症状

白内障の主な症状は、ものがぼやける、霞んで見える、二重に見える、光が眩しいなどです。

治療

初期の段階では、白内障の点眼液での治療と経過観察になります。しかし、点眼液には水晶体の混濁を透明にするほどの効果はなく、あくまで進行を遅らせることが目的です。白内障が進行してきて日常生活に支障がみられる場合に手術を行います。手術をする時期は患者様によって違いますので、手術をご希望の方はご相談ください。

手術

白内障の手術は、濁った水晶体を超音波で取り除き、代わりとなる眼内レンズを挿入するという方法(超音波水晶体乳化吸引術)で行います。手術は局所麻酔下にて行います。痛みはほとんどなく、意識もありますので、医師やスタッフの声も聞こえます。当院ではリラックスできる音楽を聴きながら、手術を受けていただけます。

手術室

手術室内は、HEPAフィルター(High Efficiency Particulate Air)にて空気を浄化し、空気清浄度をクラス10,000に維持しています。
清潔でクリーンな空間で、安心して手術を受けていただけます。

リカバリールーム

手術後は、リカバリールームのリクライニングシートでゆっくりしていただけます。